ken2



ぎば 耆婆
きべつ 記別
きへん 貴辺
きぼう 毀謗
きみょう 帰命
ぎゃくえん 逆縁
ぎゃくざい 逆罪
きゅうかい 九界
きゅうせいきょう 救世教
ぎょい 御意
きょうおう 経王
きょうがい 境界
ぎょうがく 行学
きょうがんそうじょう 経巻相承
きょうきじこく 教機時国
きょうぎょう 経教
きょうぎょうしょう 教行証
きょうけ 教化
きょうじゅう 軽重
きょうせん 共戦
きょうせん 軽賤
きょうぜん 軽善
きょうそう 教相
きょうだいいん 敬台院
ぎょうたいそくしんじん 行躰即信心
きょうち 境智
ぎょうち 行智
きょうちみょうごう 境智冥合
きょうど 匈奴
きょうにんぼう 鏡忍房
きょうはん 教判
ぎょうびん 行敏
きょうほ 享保
きょうほう 軽報
きょうぼう 教法
ぎょうぼうぼんじ 楽法梵志
ぎょうまん 行満
きょうめつどご 況滅度後
ぎょうりき 行力
きよすみでら 清澄寺
きれん 熈連
きんげん 金言
きんご 金吾
きんしゅう 錦州
きんばらほっきょう 金原法橋
く 吼
くうけちゅう 空仮中
くうこう 空劫
くうたい 空諦
くうゆうかい 空友会
くおう 九横
くおん 久遠
くおんがんじょ 久遠元初
くおんじつじょう 久遠実成
くおんじんでん 久遠塵点
ぐき 愚記
くぎゃり 瞿伽利
くきょう 究克
くきょう 究竟
ぐきょう 弘教
くけつ 口決
くけん 駈遣
くご 救護
ぐじ 倶時
くしいちごん 九思一言
くしき 九識
くしきしんのう 九識心王
くしきろん 九識論
くしゃ 倶舎
くしゃしゅう 倶舎宗
くしゃろん 倶舎論
くしょう 倶生
ぐしょうじん 倶生神
くずもち 葛餅
ぐせん 弘宣
ぐそく 具足
くたい 躯体
ぐち 愚癡
くちょう 区長
ぐつう 弘通
ぐどう 求道
くどく 功徳
くどくじゅ 功徳聚
ぐにん 愚人
くぼあま 窪尼
ぐほう 弘法
くほっかい 九法界
くまらじゅう 鳩摩羅什
くよう 供養
ぐら 求羅
くりき 功力
くる 拘留
くれないのうた 紅の歌
くろう 九郎
くわがやつ 桑ケ谷
くわがやつもんどう 桑ケ谷問答
げ 偈
けいが 計我
けいかんしじん 桂冠詩人
けいけい 荊渓
げいざ 猊座
けかち 飢渇
けぎ 化儀
けぎのしきょう 化儀の四教
げご 外護
けし 芥子
げしゅ 下種
けじょうゆ 化城喩
けじょうゆほん 化城喩品
けしん 灰身
けしんめっち 灰身滅智
げせん 下賤
けた 化他
けたい 仮諦
けちみゃく 血脈
けちみゃくふぼう 血脈付法
けつ 桀
けっこん 結恨
けつじゅう 結集
げっすい 月水
けっちょう 結要
けっちょうふぞく 結要付嘱
けっぱん 決判
けどう 化導
げもん 偈文
げゆう 外用
げりょう 解了
げんぎ 玄義
けんぎょう 顕教
けんご 堅固
けんじ 見思
げんじゃくおほんにん 還著於本人
けんしょう 顕正
げんしょう 現証
けんしょうかい 顕正会
げんぜ 現世
げんそう 玄宗
けんぞく 眷属
げんちょう 現調
けんなく 見惑
けんねん 顕然
けんのう 賢王
けんぶつみらいき 顕仏未来記
けんほうとうほん 見宝塔品
ごいとく 御威徳
こう 劫
こうあま 国府尼
ごういん 業因
ごうか 業果
ごうじょう 強盛
こうせんるふ 広宣流布
ごうてき 強敵
こうにちぼう 光日房
こうにゅうどう 国府入道
こうふ 広布
こうふし 広布史
こうめい 孔明
こうりゃく 広略
こうりゃくよう 広略要
ごうん 五蘊
ごおん 五陰
ごかいひ 御開扉
ごかのほうしょう 五箇の鳳詔
ごかんき 御勘気
ごかんねんもん 御観念文
ごぎゃく 五逆
ごぎゃくざい 五逆罪
ごきんげん 御金言
こくうえ 虚空会
こくじょう 黒縄
こくぼん 斛飯
ごくよう 御供養
ごくらくじ 極楽寺
ごくり 極理
こくりつかいだん 国立戒壇
ごけあま 後家尼
ごげん 五眼
ごこう 五綱
ごしき 五色
ごしなん 御指南
ごじはっきょう 五時八教
ごじゅうげん 五重玄
ごじゅうさんだん 五重三段
ごじゅうのそうたい 五重相対
こしょ 挙処
ごしょ 御書
ごしょうそく 御消息
ごじょく 五濁
こしん 己心
ごしんしゅう 御親修
ごぜ 御前
こつじき 乞食
この 此
ごはん 後判
ごひゃくじんでんごう 五百塵点劫
ごひゃくでしじゅきほん 五百弟子受記品
ごひゃくでしほん 五百弟子品
ごほうおん 御報恩
ごほうおん 御恩徳
ごほうぜん 御宝前
ごほんぞん 御本尊
ごほんぶつ 御本仏
ごむけん 五無間
ごもん 御文
ごゆいめい 御遺命
こんき 金器
ごんぎょう 勤行
ごんぎょうえ 勤行会
こんく 金口
こんごうぞう 金剛蔵
こんごうち 金剛智
こんごうちょう 金剛頂
こんごうどう 金剛幢
こんこうみょう 金光明
こんこうみょうきょう 金光明経
ごんじゃくそうたい 権迹相対
ごんだいじょう 権大乗
こんりゅう 建立
こんる 近流
さいいき 西域
さいごく 最極
ざいしょう 罪障
さいしょうがく 最正覚
さいほう 再放
さいみょうじ 最明寺
さいれんぼう 最蓮房
さえもんのじょう 左衛門尉
さだとう 貞当
さだもり 貞盛
さどう 左道
さどるざい 佐渡流罪
さぶつ 作仏
さりょう 茶寮
さんあくどう 三悪道
さんか 三箇
さんがん 三観
さんけん 三顕
さんこう 山光
さんさいしちなん 三災七難
さんさんぞう 三三蔵
さんじのぐきょう 三時の弘経
さんじゅうひでんしょう 三重秘伝抄
さんしょうしま 三障四魔
さんじん 三身
さんぜ 三世
さんせけん 三世間
さんぜじっぽう 三世十方
さんぜんじんでんごう 三千塵点劫
さんぜんだいせんせかい 三千大千世界
さんたい 三諦
名前:ken2.txt
種別:ダウンロード辞書
更新:2007/07/14
容量:5KB
カテゴリ:一般単語
今日0昨日0計1819
Good:[0]|Bad:[0]
投稿者:はる
説明:
シャープ

ダウンロード

感想(0)
/

QRコード表示
Twitterでつぶやく LINEで送る
ファイルURL:

貼付タグ:

編集/削除/


Supported Toyojun.com